2013年9月26日木曜日

台風18号被害の高島市支援のボランティア 彦根市社協が募集28・29日

 先日の台風18号で浸水などの被害が出た高島市内で支援活動をするため、彦根市社協(平田町)は28、29日の活動に参加できるボランティアを募集している。22、23日にも支援活動を行い、2日間で市民や高校・大学生ら計20人が参加した。
 作業内容は泥かき、清掃、家財の搬出など。対象は市内在住・在勤・在学者。両日とも午前6時半までに市社協に集合し、バスで高島市内へ向かい、活動後、午後6時ごろに戻る。
 持ち物は長靴、帽子、マスク、タオル、飲み物、弁当など。汚れても良い服装で。参加無料。ボランティア保険料は市社協が負担する。申し込みは27日午後5時15分までに市社協地域福祉課☎(22)2821。
市民団体も活動
 ボランティア団体・サラン彦根の十河勇一さんや油藤商事(豊郷町)の青山裕史さんのグループも22、23日に高島市内で支援活動をした。彦根市民のほか、滋賀大、県立大の学生も加わり、22日に23人、23日に12人が作業を行った。29日にも支援活動を予定している。問い合わせは十河さん☎090(1675)7839。

0 件のコメント: