2013年9月18日水曜日

近江鉄道ほほえみ園で、おじいちゃん・おばあちゃんに送る木はがき作る

 敬老の日に合わせて、幼児が祖父母宛ての便りを作るイベントが8日、近江鉄道彦根駅前の保育園・ほほえみ園で開かれた。
 「はじめてのおたより体験」と題し、滋賀県内の間伐材で作られた木製はがきで便りを作るイベントで、市内の3、4歳の子ども3人とその両親が参加。子どもたちは紙製と同じ大きさのはがきに、ペンを使って祖父母の似顔絵やアンパンマンを描いたり、手形を押したり、「ありがとう」と書いたりして、30分ほどで仕上げた。
 同園では今後も記念日に合わせて同様のイベントを開催する予定。なお同園には0~6歳の乳幼児約20人が通園している。

0 件のコメント: