2013年9月30日月曜日

春風亭昇太さん彦根城の世界遺産で講演「世界に知ってほしい城」

 世界遺産登録に向けて彦根城の価値を市民に再認識してもらおうと、城好きで知られる落語家の春風亭昇太さんを招いた講演会が23日、文化プラザで開かれた。
 昇太さんの落語の後、「笑って学ぶ世界遺産」をテーマに滋賀県立大学の中井均教授との対談形式で行われ、昇太さんは彦根城内にある防御用の登り石垣や大堀切に触れながら「彦根城は世界の人に知ってもらいたい城。是非、世界遺産になって」と話した。
 また出身地・静岡市の三保の松原が有志によってきれいになり、世界遺産になったことを例にあげながら「地元の人がどういう気持ちでいるかが大事。彦根のまちの人がもっと彦根城のことを知ってもらうことが大切」とアドバイスした。
 講演会は市と彦根ユネスコ協会の共催で、約270人が来場した。

0 件のコメント: