2013年9月27日金曜日

滋賀キッズスピーチコンテスト 県内小学生対象 ミシガン大と滋賀学園で練習会

 県内の小学生を対象にした「滋賀キッズスピーチコンテスト」が11月17日に滋賀県立大学(彦根市八坂町)で開催されるのを前に、練習会がミシガン州立大学連合日本センター(松原町)と滋賀学園高校(東近江市)で開かれている。今月14日には最初の練習会が同センターであった。
 子ども向けに国際教育の推進活動をしているボランティア団体・KENA(きいな)=事務局・彦根市西今町=が初めて企画したコンテストで、課題文を覚えて発表する「暗誦」、帰国子女または英検3級以上の所持者対象の「作文」、日本語を第一言語としない子ども向けの「日本語」の3コースを用意。
 最初の練習会の14日には県内の小学1年~6年生が暗誦に15人、作文に3人参加。1~4年生と5、6年生の2部屋に分かれ、同センターの学生8人から英語の発音の仕方や文法などを習っていた。
 暗誦コースに参加している城南小6年生の上田望愛さん(12)は「自分の思いを英語で正しく伝えたいという思いから参加した。コンテストの本番に向けてスラスラ言えるようにこれからも練習したい」と話していた。
 コンテストは11月17日午後1時半~スタート。練習会を含めて参加無料。初心者も可。練習会は同センターで今月28日、滋賀学園高で10月13日と27日に、いずれも午後2時~。コンテストの申し込み締め切りは10月27日。
 KENA代表の大江英美子さん(40)は「国際社会に羽ばたいていける人材育成を目指して企画した。練習会は何回でも参加できるので、気軽に来てほしい」と話している。問い合わせは大江さん☎(28)3734。

0 件のコメント: