2013年11月6日水曜日

彦根市議会改革へ議会基本条例案策定「反問権」盛る 市民に意見募集

 彦根市議会は、来年3月定例会への上程を目指している議会基本条例の案を策定し、1日から意見を募集している。9日午後7時~は市役所5階の本会議場で市民向けの説明会「今、変わる!彦根市議会 これからの議会を語ろう」を行う。
 市議会では平成24年1月に市民向けのアンケートを実施し、「議員の活動がわからない」「資質向上を図るべき」「情報公開が不足している」などの指摘を受けた。このため、わかりやすい開かれた議会を目指して、議会基本条例プロジェクトチームを立ち上げ、20回の会議を経て条例案を策定した。
 条例案は市民と議会との関係、議員の定数および報酬など8章で構成。▽市議の質疑や質問に対して、論点を整理するために答弁者(市)の反問を認める▽議員定数や報酬については市の財政状況を考慮しながら、市民および学識経験者の意見聴取に努める―ことなどをあげているほか「議会側の条例提案や議案の修正提案に対して、市長やほかの執行機関の長に反対の意見を述べる機会を与える」という項目も載せている。
 条例案の閲覧できる場所は市役所の情報公開コーナーと議会事務局、各支所・出張所、市議会のホームページで。意見は29日までに議会事務局へ。
9日に説明会
 9日の説明会は、模擬議会形式で市議が質問役と答弁役に分かれて条例案を解説するほか、来場者からの質疑の受け付けや意見交換も行う。問い合わせは議会事務局☎(30)6130。

0 件のコメント: