2014年8月12日火曜日

甲子園出場の近江高校 彦根から小川投手と奥田選手も出場

 11日に開幕した全国高校野球選手権大会に滋賀県代表として出場する近江高校のベンチ入りメンバーのうち、彦根・犬上(多賀除く)からはエースで2年生の小川良憲投手=彦根東中=と3年生の外野手・奥田隼司選手=彦根南中=がいる。2選手に抱負などを聞いた。
 小川投手は「まっすぐと変化球を低めに集めて打ち取る投球ができれば、全国でも勝ち抜いていけるはず」と自信を見せ、投げ合いたい投手として明徳義塾(高知)の岸潤一郎投手をあげ、対戦したいチームとしては春のセンバツを制した龍谷大平安(京都)をあげた。将来を含めた目標として「今年の全国で結果を残し、来年も甲子園に行って、高校の日本代表になりたい。そして将来はプロの道に進みたい」と述べた。
 奥田選手は「県大会の勝利で、背負っていたものが落ち着いて楽になった」と正直な心情を明かしながら「甲子園では足を使って、勝利に貢献できるようにがんばりたい。目指すのは全国制覇だけ」と力強く語っていた。

0 件のコメント: