2014年8月28日木曜日

ふくしまからはじめよう。大使と白河市のしらかわんが彦根で交流 風評払拭で

 福島県白河市のキャラクター・しらかわんと「ふくしまから はじめよう。」大使の小学生2人が、22日から24日まで彦根市を訪問。市内の子どもたちと交流を深めた。
 東日本大震災による風評被害の払拭を目的にした福島県の交流促進支援事業の一環で、昨年9月に白河市で行われたご当地キャラこども夢フェスタにひこにゃんが参加した返礼として、同大使の飯村夢斗君(11)・吾夢(あいむ)君(11)兄弟と、しらかわん、同市関係者が彦根を訪問。
 22日には市役所で顔見せが行われ、ひこにゃんと児童代表で鳥居本小6年の安達大河君(11)らが参加し、相互でぬいぐるみ交換が行われた。23日には鳥居本小や四番町スクエアで交流会、24日は夢京橋キャッスルロードで湖東焼体験も行われた。

0 件のコメント: