2014年8月7日木曜日

一圓家住宅・多賀里の駅で昔の遊び楽しむ

 古民家で昔の遊びや楽器演奏などを楽しむイベント「おばあちゃんの家の夏休み」が2日、多賀町にある国の登録有形文化財・旧一圓家住宅(多賀「里の駅」)で行われ、彦根や犬上から約60人が来場した。
 子どもたちは、家の周囲でサワガニつかみや虫捕り、家の中でけん玉や杉玉鉄砲、カロムなどで遊んだほか、地元の個人・団体による紙芝居やマジック、オカリナ演奏なども見て楽しんでいた。
 なお、主催した多賀クラブは9月6日午前10時半~「登録有形文化財になった一圓屋敷」をテーマに同家で講演会を行う。講師は滋賀県立大学の濱崎一志教授。同日午前9時~地元野菜の販売も。問い合わせは同クラブの中川信子さん☎090(8791)4470。

0 件のコメント: