2014年8月12日火曜日

小川良憲投手の両親・良紘さん葉子さんにインタビュー

 近江高校野球部のエースで彦根東中出身の小川良憲投手の両親に、子ども時代のエピソードなどを聞いた。同投手の両親は、るんびにー保育園(河原1)園長の小川良紘さんと副園長の葉子さん。
 小川投手は城東小3年から野球を始め、当時から投手だった。両親によると、東中の野球部でも野球漬けの毎日で、佐和山小スポーツ少年団の野球部の手伝いをしたり、兄の草野球にも出場するなど「この子から野球をとったらどうなるのかと思うくらいの野球好き」(葉子さん)で、ボールを握ったまま寝てしまう時もあるという。
 中学3年生の夏に引退してからも、彦愛犬の中学生野球チーム・彦根クラブに入団し、その時の監督のすすめでキャッチャーを経験。良紘さんは「この経験が勉強になったようで、ピッチャーとして成長した要因の一つかもしれない」と話していた。
 また3年生の冬には、東中から近江高に進学した野球部の1学年上の先輩2人と一緒に筋トレなどを行い「先輩の背中を追いかけるようにして」近江高に進学。1年生の夏は二桁台の背番号で、急速も130㌔前後だったが、秋にエースナンバーを背負い、冬のトレーニングを経ると急速に成長。葉子さんによると、日ごろからごはん食を心がけ、夕食後に市内のスポーツジムに通って、帰宅後にまた食事をとるなど1日5食により、下半身を中心にみるみる筋肉がつき、球速もアップしたという。
 小川投手に対し、良紘さんは「りっぱな試合をしてくれればいい」、葉子さんは「県大会とは違う雰囲気になるが、平常心でこれまで通りの力が出せればと思う」と話していた。

0 件のコメント: