2015年10月8日木曜日

七曲がりフェスタ10日〜 馬ぐるま・彦根張り子展示 ライトアップなど

 彦根市の仏壇街で10日から12日まで七曲がりフェスタが開かれ、10日夕方から通りがライトアップされるほか、彦根張り子や馬ぐるまなど彦根の伝統品の展示もある。
 彦根仏壇事業協同組合が主催し、3回目の今年は初めて3日間かけて開催。10日は「夜宮」として、午後4時~滋賀大生の団体・滋賀エコプロジェクトがメイン会場の七曲がり広場や大橋町一帯の通りに約5000個のローソクを並べて点灯させるほか、軒先にはちょうちんがともる。芦田家では午後6時~「皿屋敷」などの落語(500円)や、Takumi Apatment駐車場で映像による「ようかいさんぽ」も。飲食あり。
 「本宮」の11日には神鳥雅次郎商店(芹中町)などで彦根張り子と馬ぐるまが展示。彦根張り子は江戸時代以降に彦根で作られ、さきごろ日夏町に張り子を作るための木型が残っているのが確認された。彦根張り子は全国で10数体が確認されており、11日は近江郷土玩具研究会代表の藤野滋さん(58)=東近江市=所有のトラとタイを展示。また馬ぐるまは彦根の商家の風習として、家督を継ぐ総領息子の宮参りの時に母方の親元が贈っていた台車の付いた木製の馬の人形。同商店には初代の卯平が明治20年ごろに孫のために漆塗りで仕上げた馬ぐるま(台車を入れて高さ約120㌢)が残っている。
 11日はほかに、蒔絵・金箔押し・彫刻・数珠ブレスレット作りの体験、七職や仏壇の洗濯など実演、信楽焼・近江上布・愛知川びん手まりの実演&体験、村岸家公開、バックパッカー写真展、西念寺で講話会など。500円以上の体験・飲食でスタンプ1個もらえるスタンプラリーや小学生以下対象の点在する地蔵さんを巡るスタンプラリーも。七曲がり広場では飲食・物販イベント。午前10時~午後4時。雨天決行。10日と11日のイベント中、通り沿いは歩行者天国に。
 10日~12日は、旧宮川箔押店で彦根商工会議所が2カ年計画で再現を目指して製造している甲冑のかぶと展や、七曲がりにちなんだ写真などの七曲がり博物館、若宮仏壇店で経済産業大臣賞を受賞した仏壇などを展示する仏壇展も。

0 件のコメント: