2015年10月12日月曜日

茶婚式 玄宮園鳳翔台で初開催

 茶道のお点前を受けながら挙式を行う「茶婚式」が6日から玄宮園の鳳翔台で始まった。玄宮園での挙式は不定期に行われているが、茶婚スタイルは初めて。
 市内のブライダル専門店や旅館、神社などの関係者らで今年2月に結成された彦根ウエディング協同組合が、井伊直弼公生誕200年祭に合わせて、直弼も茶会で活用した玄宮園での茶婚式を企画。応募の中から選ばれた県内外の5組が11月29日まで挙式を行う。
 初回の6日は愛知県安城市の西尾秀幸さん(36)と植村美文(みふみ)さん(37)の挙式があった。2人は植村さんの家族が茶道の指導者だったことをきっかけに茶婚式に関心を持ち応募。当日は親族ら19人と共に屋形船に乗った後、花嫁行列で鳳翔台に向かった。式では、石州流井伊大老御流西郷社中の西郷宗博(そうはく)さんからお点前を受け、一つの茶碗で茶を飲み合う夫婦固めの儀などにのぞんでいた。列席者も順番にお点前を受け、茶と菓子を頂いていた。
 西尾さんは「屋形船にも乗ることができ、お殿様・お姫様のような気持ちだった」、植村さんは「家族を含めて全員で体験できるのが楽しかった。景色も最高にきれい」と笑顔で話していた。

0 件のコメント: