2015年10月17日土曜日

ご当地キャラ博in彦根2015開幕

 ご当地キャラ博in彦根が17日開幕。18日までに全国から計196体、ひこにゃんなど地元のキャラを入れると209体が参加する。
 市内商店街などによる実行委員会が主催し、8回目の今年は17日に179体、18日に172体が登場。「くまモン」「せんとくん」「いまばりバリィさん」など人気キャラも両日参加する。初参加のキャラは18体。
 夢京橋キャッスルロードと京橋口駐車場に各キャラのブースが設けられ、地元の特産品やキャラクターグッズが販売される。ステージが京橋口駐車場と四番町スクエアの駐車場に設置されて、都道府県ごとにご当地自慢をする。
 井伊直弼公生誕200年祭の開催期間中のため、ひこにゃんをはじめとする城や直弼にまつわるキャラの合同ステージも予定。17日午後1時~銀座商店街のサブ会場ではキャラによるもちつき大会がある。
 各日に参加するキャラやステージの登場時間などは、ご当地キャラ博in彦根のホームページで確認できる。開催時間は両日とも午前9時~午後3時。雨天決行。
ガイドブック「ご当地キャラ図鑑」
 ご当地キャラ博in彦根に登場するキャラなどを紹介した公式ガイドブック「ご当地キャラ図鑑」=写真=が発刊。市内の商店などで販売されている。
 北海道から九州・沖縄までのエリアごとに参加するキャラの特徴を写真入りで紹介しているほか、全51問のクイズ、彦根のグルメ情報、会場アクセスマップなども掲載している。
 A5判・全ページカラー。1冊600円。アルプラザ彦根、戦国丸、平和堂銀座店、沙斗羅、太田書店、トラヤ、四番町ダイニング、祥福たこ壱、夢京橋あかり館、清瀧などで販売している。
電車・バスで来てね
 ご当地キャラ博in彦根に登場するひこにゃんら地元のゆるキャラたちが、公共交通での来場を呼びかけるため電車に乗る練習を披露した。
 彦愛犬の企業・行政などによる団体・湖東圏域公共交通活性化協議会が企画し、ひこにゃん、たがゆいちゃん、よいとちゃん(豊郷)、あしょうさん(愛荘)、近江鉄道のがちゃこんが参加。
 ひこにゃんを除く4体が近江鉄道の高宮駅に集合し、駅長役のがちゃこんに3体がキャラ博当日に発売される「がちゃこんでおでかけフリーきっぷ」を見せて改札口を通って乗車。車内でキャラたちはいすに座ったり、つり革につかまったりし、彦根駅でひこにゃんの出迎えを受けた。
 近江鉄道はキャラ博のある17、18日にがちゃこんでおでかけフリーきっぷを限定発売する。近江鉄道の電車、バス(湖国バス含む)が1日乗り放題。彦根城や彦根城博物館、玄宮園の割引も。料金は中学生以上1000円、小学生500円。近江鉄道駅窓口、バス車内で販売。

0 件のコメント: