2016年3月3日木曜日

自衛隊に入隊する彦根市民を迎えての激励会

 自衛隊に入隊する彦根市民を迎えての激励会が23日、市役所で開かれ、3人の若者が出席した。
 激励会に参加したのは、陸上自衛隊に入る彦根工業高校3年生の安居虎之介さん(18)=金沢町=と、コスタリカ人の母を持つ滋賀大学4年生の西川輝(ひかる)さん(24)=高宮町、航空自衛隊に入る社会人の中居直哉さん(25)=芹橋2丁目=の3人。
 3人を代表し、来日して9年だという西川さんは「9年間暮らした日本のために貢献したいと思っています」と抱負を述べた。
 市長は「近年の自衛隊は災害での救助活動や国外での任務も増え、活動に対する国民の期待は大きくなっている。心身を強く持ってがんばってください」と激励。安居さんは「多くの人たちの役に立ちたい」、中居さんは「体を壊すことがないよう努力していきたい」と話していた。
 自衛隊滋賀地方協力本部によると、彦根からはほか1人を含めた計4人、滋賀県内では約100人が新たに入隊する。

0 件のコメント: