2010年2月17日水曜日

雪絵さんの願い届け「一人一人が大切な存在~を世界中に」全国キャラバン第1弾

 難病で亡くなった笹田雪絵さんの願いをかなえるための全国キャラバンが、20日の彦根市内での開催を最初にスタートする。
 雪絵さんは14歳のころに、脳や脊髄などの異変で運動麻痺や視力障害などを起こす多発性硬化症(MS)という難病を発症。19年の闘病後、平成15年12月に33歳で亡くなった。
 石川県小松市内の養護学校で雪絵さんを指導していた山元加津子さんが、雪絵さんの残した「病気も障害も大切。一人一人が大切な存在なんだということを、世界中の人が当たり前に知っている世の中にして」という言葉に動かされ、全国で講演会などを開催。
 山元さんの生活を追いかけたドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(入江富美子監督)などを配給しているNPO法人「ハートオブミラクル」が、雪絵さんの思いを広げようと全国キャラバンを企画。全国各地の賛同団体と連携し、上映会や山元さんの講演会を全国10カ所で開くことにした。
彦根市内で20日
山元加津子さん講演など
 最初となる彦根市内では、山元さんの活動を広げるため県内で上映会を開いている団体「ハートフルプロジェクトinびわこ」が主催。ひこね市文化プラザグランドホールで、第1部が午前9時20分~「1/4の奇跡~本当のことだから~」と、視覚障害者をえがいた「光彩(ひかり)の奇跡」の上映。第2部が午後1時半~「ハートオブミラクル」代表の岩崎康子さんが監督の映画「宇宙(そら)の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」の上映と山元さんの講演・歌など。
 岩崎代表は「一人一人が役割を持っていて大切な存在だと思う。互いに手を取り合っていこうというメッセージを伝えたい」と話している。
 前売り入場料は高校生以上1500円、中学生~18歳以下1000円、小学生以下・障害者・療育手帳持参者は無料。申し込みは村川さん℡0749(26)0386へ。

0 件のコメント: