2010年12月1日水曜日

ひこね市文化プラザとオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が文化創造提携、クラシックに関心もって

 ひこね市文化プラザ(小出英樹館長)はこのほど、クラシック団体のオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と文化創造提携を結んだ。今後は彦根市内でOEKのコンサートを開くなどの文化交流を深める。
 文化プラザは平成9年の開館以来、年に3、4回のクラシックコンサートを開いてきたが、入場者は伸び悩んでいた。このためクラシック音楽の普及とファンの拡大を目指し、同じ城下町の金沢で活動するOEKに協力を依頼した。
 提携期間は3年間。来年は1月9日、9月24日、12月11日にOEKによる公演を文化プラザで開催するほか、アマチュア音楽団体の相互交流や両市民の訪問交流などを進める。
 金沢市の県立音楽堂で行われた調印式で、OEKの井上道義・音楽監督は「互いに知恵を絞り、よりよりものを作り上げたい。感動していただけるよう、1回1回にすべてを注ぎたい」と話した。小出館長は「彦根ではOEKのサポーターズクラブを立ち上げ、クラシックの魅力やファン層を広げたい」と述べた。
 【オーケストラ・アンサンブル金沢】世界的指揮者・岩城宏之さんらが昭和63年に設立した団体で、外国人を含む40人のプロの室内オーケストラとしては国内で最初。県立音楽堂を拠点に、年間約120公演をこなし、ヨーロッパやオーストラリアなど海外公演も14回している。平成19年1月には指揮者の井上道義さんを音楽監督に迎えて、注目を集めている。
サポーター募集
 文化プラザは、OEKサポーターズクラブの会員を募集している。
 特典は、▽年3回のOEKのコンサートの入場料を15%引きで購入できる▽優先予約が可能▽年3回のコンサート参加者には特典グッズを進呈▽文化プラザ主催のイベント入場料を5%引きで購入できる▽各種演奏会の案内を提供。年間費1000円。期間は来年1年間。問い合わせは文化プラザ℡0749(26)8601へ。
年明け初回のコンサート
 オーケストラ・アンサンブル金沢のニューイヤー・アンサンブルコンサートが来年1月9日午後3時~文化プラザエコーホールで開かれる。
 ヨハン・シュトラウスⅡのワルツ「美しく青きドナウ」、「芸術家の生涯など。入場料は大人3000円、大学生以下1500円。問い合わせは文プラチケットセンター℡0749(27)5200へ。

0 件のコメント: