2010年12月11日土曜日

城北幼稚園園児がジャガイモ収穫体験

 彦根市松原町の農地で8日、城北幼稚園の園児によるジャガイモの収穫体験が行われ、子どもたちは寒さに負けることなく、収穫を楽しんでいた。
 市は湖東定住自立圏の地産地消事業の一環として今年度から、子どもたちに農業の楽しさを教えるため、作物の栽培と収穫体験を始めており、今年は松原町の農地約2400平方㍍を活用。8月には約450平方㍍に植えられたトウモロコシを彦根西中3年生が収穫。
 今回は松原農業組合の農家が約1800平方㍍に植えたジャガイモ畑の一部で、7日に城北小の児童、8日は城北幼の園児42人が体験。子どもたちは保護者や教員と一緒に掘り起こし、ジャガイモが出てくると「あった~」「取れた~」などと言いながら収穫していた。

0 件のコメント: