2010年12月1日水曜日

鮒寿司(ふなずし)に血圧降下作用、木村水産(あゆの店きむら)・滋賀県立大・福井県立大が研究

 彦根市後三条町の木村水産は29日、ふなずしに血圧を降下させる作用があることを、滋賀県立大学、福井県立大学との共同研究で明らかになったと発表した。
 研究には同社の店舗「あゆの店きむら」のふなを使用。滋賀県立大学人間文化学部の灘本知憲教授の研究グループが試験管で飯漬け前と、飯漬けして1年後と2年後を比較研究し、飯漬けした方に高血圧を抑制する成分が含まれていたという。
 福井県立大学では高血圧を発症しているラットに、同店のふなずしの抽出物を投与したところ、血圧の低下がみられたという。
 同社はすでに特許を出願中で、「ふなずしが健康に良いことが改めて定義付けられた。今後は全国ブランド化を目指す」としている。

0 件のコメント: