2011年7月2日土曜日

近江鉄道 彦根駅東口本社ビルに認可外保育園「ほほえみ園」オープン、風鈴電車も運行開始

 近江鉄道は1日、彦根駅東口の本社ビル(古沢町)1階に認可外保育園「ほほえみ園」をオープンした。同社によると、駅ロータリーに併設した保育施設は県内初だという。1日にはいしだみつにゃんとしまさこにゃんを招いて開園式が開かれた=写真
 通勤などで駅を利用する保護者に利用してもらおうと、本社ビル1階のうち73・2平方㍍に保育スペースを設けた。室内の防犯カメラの映像と保護者の携帯電話をリンクして、リアルタイムで子どもの様子(静止画)が確認できるサービスも導入している。
 保護者のライフスタイルに合わせて、「一時保育」、「半日(午前8時~午後1時)」、「1日(午前8時~午後6時半)」で受け付け。保育士は6人いる。子どもは6カ月~就学前で、定員28人。月~土曜日で祝日や盆、年末年始は休み。
 入園料は月極が1万円、一時保育が6000円だが、今年9月までは無料。給食なしで弁当やミルク、おむつなどは保護者持参で。利用料など問い合わせは「ほほえみ園」℡0749(22)3332へ。
「風鈴電車」も運行開始
記念切符、貯金箱も
 近江鉄道は1日から、車内に風鈴をつるした「風鈴電車」の運行を開始した。
 風鈴は高さ6㌢・直径5・5㌢で、近江八幡市立かわらミュージアムの職員が瓦用の粘土を使って製作。2両1編成の1車両に約20個ずつ設置した。9月11日まで。風鈴電車の乗車希望者は乗車3日前までに同社車両区へ。
 また風鈴電車の運行を記念し、近江鉄道は壁掛け用の記念切符(7㌢四方)と電車型がちゃこん貯金箱を2日から発売。記念切符は近江八幡・日野区間で1枚1480円、限定200枚。貯金箱は1500円。いずれも彦根・近江八幡駅で発売。

0 件のコメント: