2012年10月13日土曜日

石田三成肖像画と安国寺恵瓊の板絵 龍潭寺が限定公開


  彦根市の佐和山一帯で14日に開催されるイベント・三成の戦(いくさ)=本紙11日付け参照=に合わせて、古沢町の龍潭寺は「石田三成肖像画」と「安国寺恵瓊(えけい)の板絵」を限定公開する。
 三成肖像画は、関ヶ原合戦300年を記念し明治33年(1900)に古戦場で営まれた法要で祀られた東西総大将の肖像画の1枚。合戦後、敗走していた三成を古橋村(長浜市木之本町古橋)で捕縛した田中吉政の子孫・左門が、三成の菩提をとむらうために、ゆかりの龍潭寺に奉納したとされる。絵師・岸勝の作。
 安国寺恵瓊は安土桃山時代の禅僧で大名でもあった。豊臣秀吉に仕えて伊予(愛媛)を治めたが、関ヶ原合戦では西軍につき、三成や小西行長と共に処刑された。「板絵」は約40㌢四方の大きさで江戸時代に描かれたとされる。甲冑を身につけ、いすに堂々と座る姿がカラーで彩られているが、顔の表情は色落ちなどで確認できない。作者や龍潭寺に伝わる理由は不明。
 龍潭寺では、三成肖像画は1年に数日公開しているが、恵瓊の板絵は「公開していない」という。入山料は小学生150円、中学生以上400円。
佐和山一帯で「三成の戦」

 石田三成と佐和山をテーマにしたさまざまなイベント「三成の戦(いくさ)」が、14日に彦根市の佐和山周辺で行われる。
 東山運動公園では、午前10時~オンライン三成会の田附清子さんと長浜城博物館の太田浩司さんによるトークライブ、同11時~キッズダンスユニットらによる戦国ライブ、正午~三成や秀吉に扮した武者やひこにゃん、いしだみつにゃんらが登場するステージ、午後1時~歴史映画の音楽ライブ、同2時~「のぼうの城」脚本の和田竜さんらによる「のぼうの城にみる三成像」。
 清凉寺では映画「のぼうの城」と佐和山城跡のパネル展。龍潭寺では非公開の石田三成肖像画と安国寺恵瓊の板絵の特別公開。佐和山山頂の本丸跡では戦国無双・石田三成の等身大パネル展。ほかに公園内ではサムライをテーマにした食や戦国グッズのブースも。龍潭寺以外は入場無料。

0 件のコメント: