2012年10月19日金曜日

東北の被災地から、むすび丸 開運かなえちゃん 海の子ホヤぼーや ゆるキャラまつりに登場

 20日に開幕するゆるキャラまつりin彦根には、東日本大震災で被災した東北3県のうち宮城県の「むすび丸」と岩手県盛岡市の「開運かなえちゃん」が参加するほか、被災地で支援活動を続ける正村圭史郎さん(44)=彦根市本町=が、宮城県気仙沼市の「海の子 ホヤぼーや」を連れて来る。
 今年で5回目のゆるキャラまつりには国内外から過去最多の244体が参加。そのうち彦根以外のキャラで毎年登場しているのは10体で、その中にはむすび丸も入っている。むすび丸は宮城県の観光PRキャラクターで、おにぎりの顔と仙台藩の伊達政宗にちなんで甲冑を身につけているのが特徴。
 開運かなえちゃんは盛岡駅前商店街のシンボルキャラクター。同商店街の象徴・開運橋を帽子代わりにかぶった妖精をイメージ。
 海の子 ホヤぼーやは気仙沼市の観光キャラクター。ホヤの顔にホタテのベルトを巻き、サンマの剣を持ちながら、同市の特産品をPRする。
 3体は20、21日の両日とも登場予定。むすび丸と開運かなえちゃんはブースが設けられるが、「飛び入り」参加の海の子 ホヤぼーやは正村さんと一緒に商店街を巡回する。

0 件のコメント: