2009年8月11日火曜日

四番町スクエアで初のバケツリレー大会

 彦根市の四番町スクエアで9日、第1回目のバケツリレー大会が開かれ=写真、5人1組で、男子3、女子2、混合2の各チームが参加した。
 四番町内の人工池から、女子は約30㍍、男子と混合が約50㍍離れた場所に約100㍑の水が入る容器が設置。各チームは、池から水を組む、水の入ったバケツを渡す、容器に水を入れる―のそれぞれの役割に分かれ、満タンにするスピードを競った。
 参加者たちは、ずぶぬれになりながらも優勝を目指して必死にリレーしていた。優勝チームには賞金3万円が贈られた。

0 件のコメント: