2010年9月3日金曜日

芹谷ダム問題、有識者会議の中間とりまとめ案示し嘉田知事に治水対策案求める 芹川治水対策連絡協議会

 芹川治水対策連絡協議会会長の獅山市長と副会長の久保久良・多賀町長が1日、県庁を訪れ、建設中止が決まっている芹谷ダムを含む治水対策案の作成を求めた提言書を嘉田知事に提出した。これに対して、知事は相手をする姿勢を見せず、議論は平行線に終わった。
 提言書では、国交省の諮問機関「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が示した中間とりまとめ案で、ダム建設の検証は検討の場で学識経験者や関係住民などの意見を聞く―とされていることから、▽芹谷ダムについても検証の手続きを実施すること▽将来にわたって持続可能な治水案を早急に提示することを求めている。

0 件のコメント: