2010年9月1日水曜日

ひこにゃんファンクラブ 10月発足、対象は「ふるさと納税『みんなのひこにゃん応援事業』」5000円以上寄付者

 彦根市は30日、ひこにゃんファンクラブの発足日を10月にすると発表した。
 今や全国のゆるキャラの代表格となった、ひこにゃんの人気継続を目的に、今年4月にファンクラブの設立を発表していた。
 入会の条件は従来の方針通り、彦根市への「ふるさと納税『みんなのひこにゃん応援事業』」に5000円以上寄付した人。
 現在、寄付者へは彦根城など観光施設の年間パスポートが渡されているが、それとは別に新たなクラブ会員証を発行。ほかに会員限定のグッズ作製やファンの集いなども予定している。会員証は1年間を有効期限に毎年、新たなデザインになる。
 昨年度の「みんなのひこにゃん応援事業」への寄付は275件で、総額約190万円だった。市では「会員が集って、ひこにゃんと親しみ、楽しい時間を過ごせる場をつくっていきたい」としている。

0 件のコメント: