2011年10月4日火曜日

ひこにゃん田んぼアート刈り取りに152人、荒神山から「最後」見守る

 彦根市石寺町に稲でえがかれていた「ひこにゃん田んぼアート」の刈り取りが1日行われた。
 市制75周年を記念してのイベントで、今年5月29日に地元住民や県大生ら約70人が濃紫稲、赤もち、ゆきあそび、コシヒカリ、日本晴の計5種類の苗を植えた。8月ごろには田んぼ約1万2000平方㍍にひこにゃん、約3000平方㍍に市制75周年の文字が浮かび上がり、一望できた荒神山山頂付近には毎日のように見物客が訪れていた。
 刈り取り作業には県外11人を含む6歳から72歳までの152人が参加し、かまなどを使って刈り取っていた。荒神山には「最後」のひこにゃんを見に訪れる人もいた。

0 件のコメント: