2012年12月12日水曜日

みんなの党・渡辺喜美代表「官僚制度改革し日本を前へ」長浜で

 みんなの党の渡辺喜美代表が7日、長浜市内で演説し、自民党が単独過半数をうかがうとの報道を受け「先祖返りを許していいのか」と訴えた。
 渡辺代表は自民、民主を官僚の「操り人形」「腹話術」と批判し、「公務員制度、官僚制度改革を断行しないと、日本の改革は進まない。みんなの党は脱藩官僚もいれば、私のように官僚機構の利権、天下りと戦った人間がいる。覚悟とノウハウを持っている」と語った。
 原発については「原発優遇政策を止める。そうすれば原発の電源コストは一番高くなる」と指摘。東京電力の破たん処理、送電線の売却、電力事業への新規参入などを促し、「経済成長と原発ゼロを両立する」と述べた。
 自民圧勝の報道に「私は自民党にいたから裏の裏まで知っている。政権を戻したら業界団体頼みの政治、官僚機構の既得権益を守り続ける」とし、「自民支持よりもっと大きな塊がある。態度未決定の人たちだ。第三極にまかせる。そういう気持ちになれば政治が劇的に変わる」と支持を呼びかけた。

0 件のコメント: