2012年12月1日土曜日

パオパオバルーンを市内幼稚園に寄贈 国際ソロプチミスト彦根

 国際ソロプチミスト彦根は11月28日、子どもたちが一緒に持ち上げて遊べるシート「パオパオバルーン」とDVDプレーヤーを市内の10幼稚園に寄贈。彦根幼稚園では贈呈式が開かれた。
 パオパオバルーンは直径約5㍍の円形で赤、白、青、黄の4色が縞模様で入っている。周囲を持って揺らしたり、持ち上げて空気を入れてドーム形にしたりして遊ぶことができる。
 同団体からはバルーン10枚とDVDプレーヤー43台の計60万円相当が寄贈。彦根幼稚園では和田旱子(あつこ)会長から子どもたちにバルーンが渡され、園児たちが礼として「どんぐりころころ」など秋の歌を披露した後、早速 全員でバルーンを使って遊んでいた。
 和田会長は「お友だちと楽しく、仲良く遊んでもらえればうれしいです」と話していた。

0 件のコメント: