2012年12月9日日曜日

岡田副総理が彦根で演説 自民・維新の会の政策批判

 民主党の岡田克也副総理が5日、パリヤ前で候補者の応援演説を行い、約100人(陣営発表)を前に、消費増税や経済政策、外交について話した。
 岡田副総理は、民自公で決めた社会保障と税の一体改革にふれ「以前の自公政権で大きな借金をつくった。歳入の半分が借金という状況で、(財政危機の)ヨーロッパのようにならないようにしないといけない」と、消費増税に理解を求めた。
 経済政策については、日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉を開始したことをPRしながら、「国を開いて経済を活性化させる必要があり、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を含めて国益を踏まえて進めたい」と説明。また「環境、医療、介護など新しい産業を成長させる中で、経済を発展させたい」「どこかの総裁のようにばらまくだけでは国は良くならない」と述べた。
 日本維新の会の石原慎太郎代表が憲法を破棄する考えを主張していることに、「憲法によって平和と豊かな国を育んできた。私は護憲ではないが、根底から否定する考えは承服できない」と批判。さらに「(中国など)相手国を刺激し、ナショナリズムに訴えるよりも、外交は話し合って平和的に解決するべきだ」と語った。

0 件のコメント: