2012年12月9日日曜日

安倍総裁が彦根で応援演説 経済・外交など訴える

 自民党の安倍晋三総裁が5日、彦根駅前で滋賀2区の候補者の応援演説を行い、約500人(陣営発表)の聴衆の前で、経済政策や教育、外交・安全保障について話した。
 安倍総裁は、まず経済政策にふれ「収入が減っていく未来に希望は持てない。ものづくりの工場を海外に移らないようにしないといけない」「デフレを脱却して、円高を是正していくためにも、大胆な金融政策をやらなければいけない」と解説。
 他党から「昔の自民党だ」と批判されていることに「無駄づかいをしようとは思わない。公共投資も相談しながら進めていく。戦略をもって、日本の経済を間違いなく成長させていく」と語った。
 教育問題については、民主党政権で全国学力調査がされなくなったことをあげ「日教組のトップにいる輿石東幹事長がいるからだ」と指摘し「まっとうな教育を取り戻していく」と述べた。
 外交・安全保障については、韓国やロシアの大統領が日本固有の領土の竹島と北方四島に上陸したことをあげ「自民党政権の時にはなかったことだ」と批判。「民主党政権の外交が迷走した結果であり、日米の同盟関係を信頼あるものにしなければならない。美しい領土・領海を断固として私たちが守っていく」と訴えた。
 民主党の岡田克也副総理が5日、パリヤ前で候補者の応援演説を行い、約100人(陣営発表)を前に、消費増税や経済政策、外交について話した。

0 件のコメント: