2013年6月14日金曜日

韓国・南山小学校と彦根・金城小学校が交流へ

 韓国・春川(チュンチョン)市の南山(ナムサン)小学校の教員4人が来日し、7日には学校間で交流する彦根市立金城小学校などを訪れた。
 前川恒廣教育長や市教委職員ら4人が昨年9月に英語教育などの視察のため、南山小学校を訪れた際、学校間で交流することを話し合っていた。
 来彦したのは南山小のオ・フングム校長ら4人と引率者。大久保市長を表敬訪問した際、オ校長は「子どもたちの教育向上のために多くの発展を望んでいる。学校の教員同士の交流も深めたい」とあいさつした。
 その後、中央中の授業を参観し、金城小では児童たちと給食を食べたり、授業を見学したりした。南山小の教員らは「掃除の時間」に児童たちが一斉に掃除をすることに驚いていたという。一行は翌8日には彦根城内を散策した。
 今後、金城小と南山小は、児童や教員間同士が学校行事や授業内容について、メールなどで情報交換をし合うという。

0 件のコメント: