2013年6月18日火曜日

巡回市長室 概要発表、7月1日〜支所・出張所

 大久保貴市長は11日、「巡回市長室」の内容を発表した。市政に市民の声を反映させるため、市長が市役所のほか、各支所・出張所に出向いてマンツーマン方式で面談をする。当初は座談会方式もあがったが、より直接的に市民の声を聞きたいとの思いからマンツーマンにしたという。
 7月1日の稲枝支所を皮切りに、高宮支所(3日)、河瀬出張所(5日)、亀山出張所(8日)、鳥居本出張所(11日)で開催。いずれも午前10時~正午。以降は修正を加えるなど「走りながら開催していく」(市長)。
 要項は、対象が市内に在住・在勤する20歳以上、自治会や市民団体の場合は代表者2人以内。定員は1会場あたり10人(先着順)で、一人あたり10分以内。申し込み方法は支所、出張所にある申込書に市長と話したい内容などを書いて申請。ただし、面談の様子は録音・録画され、市ホームページに公開される。申し込み開始日は今月24日。
 市長は「多くの皆さまのご意見をうかがい、政策を練り上げていく作業につなげていきたい」と話している。問い合わせは市まちづくり推進室☎(30)6117。

0 件のコメント: