2013年6月6日木曜日

吉本新喜劇8日公演へ 前座の塾生の稽古に熱

 吉本新喜劇が8日に文化プラザで公演されるのを前に、前座で演じる「ひこね新喜劇塾」の塾生たちが稽古(けいこ)に励んでいる。2日には初めて舞台衣装を着てのぞんでいた。
 市民らによる実行委員会と吉本興業は昨年から、本公演の前座として市民参加の舞台を企画。2期目の今年はオーディションに合格した6歳~66歳の24人と滋賀大生8人の計32人が塾生として、4月14日から稽古をしてきた。
 5回目となった2日はひこね燦ぱれすで稽古があり、塾生たちは本番用の衣装を着て、吉本新喜劇の作家・高畠清さんらの指導を受けながら、稽古にのぞんでいた。
 今後は5日から7日まで稽古を行い、8日の本番を迎える。なお当日は午後1時~と同5時~の2回公演。ひこね新喜劇、シンクタンクやオール阪神・巨人らの漫才、吉本新喜劇などが行われる。5歳以上有料(4歳以下はひざ上)。全席指定で3000円~4000円。残りわずかの席も。当日は500円アップ。チケットは文化プラザなどで。問い合わせは実行委☎090(9819)1764。

0 件のコメント: