2013年12月10日火曜日

ひこね市民手づくり第九演奏会 第16回目

 ひこね市民手づくり第九演奏会が15日午後2時~文化プラザで開かれるのを前に団員たちが練習に励んでいる。
 第九演奏会は平成9年2月11日の文化プラザのオープンを記念して始まり、以降、合唱団とオーケストラ合同で毎年12月に演奏会を開催。第6回目からは実行委員会を結成し、市民の手による自主的な運営をしてきた。
 16回目の今年はショスタコーヴィチ作曲の交響曲第9番変ホ長調とベートーヴェン作曲の交響曲第9番ニ短調を披露する。合唱団とオーケストラの団員は小学生から80歳代までの約80人ずつで、9月から毎週日曜夜に練習をし、今月1日には合唱団とオーケストラで合同練習をした。
 実行委員長の川口洋平さん(72)は「新しい若い世代の女性が団員に入ってきて、ますます活気あふれるメンバーになった。練習もうまくいっており、本番もその成果を見せたい」と話している。第九演奏会の入場料は前売り1500円、当日2000円。文化プラザ、ビバシティ、アルプラザ彦根などで販売している。

0 件のコメント: