2013年12月26日木曜日

収穫野菜を彦根市立病院に贈る 彦根西中学校の生徒

 彦根市立西中学校の1年生が収穫した野菜を彦根市立病院に提供することになり、18日には生徒代表が病院を訪れて職員に野菜を渡した。
 彦根市は平成22年度から湖東定住自立圏の地産地消事業の一環で、圏内の小中学生に食と農の大切さを教えるため、農業を体験させており、西中学校では1年生が今年8月にジャガイモの苗を植え、今月16日に収穫した。
 この日は生徒4人と引率の教員が来院し、ジャガイモ15㌔を同病院の栄養科の職員に渡した。生徒の水野雄翔君(12)は「患者さんに食べてもらって、笑顔になってほしい」と話していた。ほかにも城北小学校の2年生が収穫したダイコン30㌔と、大薮町の特産・大藪かぶら10㌔も市農林水産課の職員によって届けられた。
 提供された野菜は21日の病院給食に使われる予定。

0 件のコメント: