2013年12月7日土曜日

町工場の作業員から弁護士に 27歳の石田拓也さん 四番町スクエアに事務所開設

 彦根市高宮町の弁護士・石田拓也さん(27)が四番町スクエア内に法律事務所を開設した。
 石田さんは高宮小学校、彦根中学校を経て、彦根東高校に進学したが、「一身上の都合」により八日市にある通信制の司学館高校へ編入。勉強しながら町工場などでアルバイトをしていたが、大学進学を決意し、ほぼ独学で1年半の受験勉強の末、早稲田大学国際教養学部に入学。1年生の冬ごろに弁護士になろうと思い立ち、法律を本格的に学び始めた。早大卒業後、特待生として同志社大学法科大学院へ入学。2年間勉学に励み、25歳の時の平成23年9月に司法試験に合格し弁護士となった。
 大阪の法律事務所での勤務を経て「地元・彦根の皆さまのために働こう」と独立を決意。先月22日に四番町スクエアに法律事務所を設けた。石田さんは「刑事、民事どんな事案でも依頼人のために全力を尽くしたい」と話している。問い合わせは石田法律事務所☎(22)5510か☎070(5656)8427。

0 件のコメント: