2014年7月14日月曜日

彦根鉄砲隊創設の北村収さん、城北小で火縄銃の歴史教える

 戦国時代に使われた火縄銃について学ぶ教室が10日に彦根市立城北小学校で行われた。
 彦根鉄砲隊を創設した市議の北村収さん(73)を講師に迎え、6年生44人が学んだ。教室では北村さんが太さや用途が違う4種類の火縄銃(レプリカ含む)を見せながら、鉄砲が伝来してきた歴史や火薬の種類、彦根藩に伝わった経緯などを説明。
 途中には児童たちが火縄銃を持ったり、火薬を触ったりする場面もあり、その重さや迫力に驚きの声があがっていた。また、火薬に火がつけられて、一瞬だけ炎が見えるとどよめきも沸き起こっていた。
 児童の西村瑛輝君(11)は「火縄銃を実際に近くで見たのは初めてだった。火薬に触ることができて良かった」と話していた。

0 件のコメント: