2015年7月27日月曜日

彦根城南剣道部が第50回記念全国道場少年剣道大会に初出場

 彦根市内の中学生で組織の「彦根城南剣道部」(久米康之代表)が県大会で1位となり、28日から日本武道館(東京都千代田区)で始まる第50回記念全国道場少年剣道大会に初めて出場する。
 同部は小学生と中学生の部があり、中学生は南中、東中、彦根の計20人が所属。レギュラーの5人は先鋒・丸山天志君(南3)、次鋒・滝本健介君(同)、中堅・和田龍太郎君(東3)、副将・草野佑介君(南3)、大将・内田大樹君(彦根3)。
 剣道の団体は各小学校区単位のスポーツ少年団と道場連盟があり、同部は今年2月に道場連盟に初めて加盟し、5月10日に草津市内で行われた県大会に初出場。23団体中で1位となり、全国大会への出場を決めた。

 キャプテンの内田君は「全国大会は強い選手ばかり。チーム一丸となってベスト4を目指したい」と話していた。大会は30日まで行われる。

0 件のコメント: