2015年7月18日土曜日

元Jリーガー・前田高孝さん近江高校監督に

 元Jリーガーの前田高孝(たかのり)さん(30)=長浜市月ヶ瀬町=がこのほど、彦根市松原町の近江高校サッカー部の監督に就任した。
 前田さんは草津東高校でフォワードとして、全国サッカー選手権やインターハイに出場し、卒業後、Jリーグの清水エスパルスに入団。その後、シンガポールやドイツリーグなどで活躍。23歳で帰国し、教員免許を取得するため、関西学院大学に入学した。
 在学中、西宮サッカースクールジュニアユースで育成した中学生たちが市立西宮高校に進学し、全国大会で8強入りしたことで、前田さんのコーチング術が脚光を浴びるように。関学サッカー部のヘッドコーチに招かれ、関西選手権優勝、全国大学サッカー選手権準優勝の成績を残し、自らも小学生サッカースクールを開校。延べ200人の選手を育てた。
 しかし、前田さんには「地元にサッカーの強豪校を作りたい」という夢があった。かつてサッカー界で全国に名を馳せた滋賀県だが、近年、衰退している。関係者によると、指導者の数が不足しているため、優れた中学生が県外の強豪校に流出しているという。
 関学のヘッドコーチを辞し、近江高へ赴任した前田さん。元Jリーガーの友人らを臨時コーチとして招き、卒業後もプロなどで活躍できる選手の育成を目指しており、「湖北で育ててもらった恩返し。近江が強くなることで、県全体のレベルアップにつながれば」と話している。
 なお、同校では来年度以降、サッカー部を強化する意向で、推薦枠などを設ける考え。8月23日に開くクラブオープンキャンパスの参加者を募集している。問い合わせは近江高校広報部☎(24)5586へ。

0 件のコメント: