2015年7月18日土曜日

高宮宿・脇本陣隣のふれあいの館に座・ギャラリーがオープン

 滋賀県立大学の学生グループ「おとくらプロジェクト」が、江戸時代に高宮宿の脇本陣だった塩谷邸に隣接する建物を改装し展示スペース「座・ギャラリー」として11日にオープン。第1弾として日本画家の日月美輪さんの作品展を開いている。
 同グループは平成21年9月に同じ高宮町の中山道沿いの古民家に、コンサートやギャラリー、喫茶を兼ねたスペース「宿駅 座・楽庵」をオープンし、学生たちが土日に運営してきた。
 塩谷邸に隣接する建物は数年前まで「ふれあいの館」として地元住民の交流の場だったが、閉鎖後は空き家が続いていたため、同グループではギャラリー化を計画。「楽庵」の一角もギャラリーだが、県大やその関係者による展示が主だったため、「座・ギャラリー」は幅広い芸術家の作品展示スペースにすることにし、高宮での花火大会に合わせて11日にオープンする。
 日月さんの作品展は花火大会に合わせて「花」をテーマに設定。縦2・5㍍×横1・6㍍の大作をはじめ、6点ほどを展示する。土日のみの午前10時~午後5時、8月2日まで。入場無料。
中村俊晴コンサート
 彦根市正法寺町出身の声楽家・中嶋俊晴さんとピアニストの佐渡春菜さん=京都府亀岡市=のコンサートが19日午後2時~高宮町の「宿駅 座・楽庵」である。ワンドリンク付き2500円。問い合わせは佐渡さん☎080(2443)4719。

0 件のコメント: