2011年6月4日土曜日

交通死亡事故多発 彦根・東近江・米原の警察署で長浜歴ドラ隊・浅井三姉妹ら啓発活動

 高齢者を中心にした交通死亡事故が県内で相次いでいるため、彦根・東近江・米原の各警察署管内で1日、啓発活動があった。
 今年の県内の交通死亡事故数は38人(前年比6人増)で、うち彦根署管内が7人(前年比4人増)、東近江署8人(同5人増)、米原署3人(同2人増)となっている。高齢者の死亡事故は38人のうち6割以上を占める24人(同11人増)と増えている。特に先月から3署管内で死亡事故が相次いで発生。先月23日には県内に交通死亡事故多発警報が発令され、25日に彦根署で3署合同の緊急対策会議も開かれた。
 3署管内をキャラバンする形式で、長浜歴ドラ隊の浅井三姉妹や県警キャラクター・けいたくんのほか、県交通安全協会や各署交通対策協議会の会員、各署署員らが参加。彦根署管内ではビバシティの入り口前で約60人が、高齢者や家族連れに啓発品やチラシを配って交通安全を呼びかけていた。

0 件のコメント: