2011年6月17日金曜日

青年海外協力隊・JICA隊員でアフリカ・ザンビア共和国へ、彦根の河瀬もも代さん

 彦根市西今町の河瀬もも代さん(26)が、青年海外協力隊(JICA)の隊員としてアフリカのザンビア共和国を訪問するため、20日、出国する。
 河瀬さんは米国の短大を卒業した後、インディアナポリス大学で看護を学び、帰国後に四国を旅行していた時、JICAのOBらに出会ったことを機に入隊した。これまでに17カ国を訪れており、英語のほか、スペイン語も話せるという。
 ザンビアでは、NGOザンビアエイズ陽性者協会ムンブワ支部の職員として就き、乳幼児の離乳食に関する栄養支援や陽性者への調理実習などをする。
 出発を前に市役所を訪れた河瀬さんは「現地の人のニーズを調査し、ニーズに合った活動をしたい」と話していた。期間は2年間。

0 件のコメント: