2011年6月27日月曜日

山頂から今秋完成のひこにゃんアートも 荒神山神社で水無月大祭 茅の輪くぐり・子ども神楽

 彦根市清崎町の荒神山神社は29、30日の両日、水無月大祭を営む。荒神山山頂と拝殿前には茅(ち)の輪も設置される。
 1年の半分の様々な罪やけがれをはらい、夏にかけて無病息災で過ごせるように祈る祭りで、参拝者は茅の輪をくぐってお参りする。
 山頂の神楽殿では巫女さんによる代々神楽の舞が行われ、幼児がこの舞を受けると、将来、火の過ちなどの災難から逃れられると伝えられている。「子ども神楽」は29日午後1時~同9時と30日午前9時~午後3時、初穂料3000円。
 29日午後6時~は拝殿前に露店が並ぶほか、山頂境内では「水無月ういろう」の販売も。頂上の駐車場からは山下の田んぼに今秋完成予定の「ひこにゃんアート」も見えるという。

0 件のコメント: