2011年6月11日土曜日

眞野丘秋さん「チャネリング」活用の絵画展、銀座町・ギャラリーコジマで

 彦根市千尋町の眞野丘秋さん(34)の絵画展「宇宙の響き」が15日まで、銀座町のギャラリーコジマで開かれている。
 眞野さんは彦根東高卒業後、京都でストリートミュージシャン活動をし、平成12年に京都芸術デザイン専門学校に入学。その翌年にうつ病を患い、1年半の治療を経て、リハビリ中に撮影した日常の風景をまとめた写真集を出版。同19年からは絵画制作も始め、以降、国内外で個展やグループ展に出品している。
 制作中は、別の次元と交信をする「チャネリング」の状態になり、「心の目に色や形が平面的に見えてきて、それを『転換機能』の脳を通って描いている」という。作品は「炎」や「祈り」などをカラフルなアクリル絵の具で描いた、ハガキサイズ~80号までの約20点を展示。午前11時~午後6時、15日のみ午後5時まで。入場無料。駐車場は平和堂銀座店へ。

0 件のコメント: