2011年6月7日火曜日

長浜農業高生 ブリヂストン彦根工場の中庭に花500株植える

 ブリヂストン彦根工場(高宮町)内に3日、県立長浜農業高校の生徒たちが、校内で育ててきた花を植えた。
 卒業生が昨春、同工場に入社したことをきっかけに始まり、昨年は春と秋に実施。今回は同校ガーデン科の2年生12人と教職員2人が、約425平方㍍の中庭に花を植えた。花は、サルビアやマリーゴールド、イソトマなど10種類・約500株で、生徒たちが今年初めから校内で育ててきた。
 8ブロックに分かれて植えられ、最も大きいブロックにはイソトマで「ブリヂストン」と花文字も書かれていた。このブロックを担当した吉川舞さん(16)と森田彩加さん(16)は「『ヂ』の字にこだわった。植えた所と花の位置がずれてしまって、予想以上に難しかったけど、工場の職員の皆さんには喜んでいただけるのでは」と笑顔で話していた。
 中庭がある製造第2課の中川行雄課長(55)は「職員やお客さまの憩いの場として、喜んでいただける花壇になり、喜んでいます」と話していた。

0 件のコメント: