2011年11月28日月曜日

巨石の写真のカレンダー製作 須田郡司さん、売上で被災地へ送る

 世界中の巨石を撮影している写真家・須田郡司さん(49)=彦根市松原2=が、巨石の写真を掲載した来年のカレンダーを製作。売上金を活用して東日本大震災の被災地に送ることも計画している。
 須田さんは震災後の5月と10月に被災地を訪れ、仮設住宅をまわりながら、「自分にできることは何か」との思いにかられ、カレンダーを送ることを企画。
 カレンダーでは、オーストラリア、モンゴル、インド、エジプトなど須田さんが訪れた世界各国の巨石の写真を表紙と月ごとにカラーで掲載。それぞれの石の解説文も載せている。
 須田さんは「石がもっている存在感やエネルギーを被災地の皆さまに届け、少しでも元気になっていただければと思う」と話している。
 カレンダーは販売用と被災地に送る用として200部ずつ用意。B4判二つ折り。1部1000円(送料込み)。須田さんのホームページからと「ほっこりカフェ朴」(尾末町)で購入できる。

0 件のコメント: