2014年9月22日月曜日

モビリティマネジメント授業 城東小で

 マイカー依存から路線バスや鉄道などの利用促進へシフトさせるための取り組み「モビリティマネジメント」の授業がこのほど、彦根市立城東小学校で行われた。
 城東小では毎年、2年生を対象に鉄道の利用を促すために同様の授業をしているが、今年は路線バスについても学習。今月2日には児童66人が近江鉄道ミュージアムで学び、この日は市交通対策課の職員から路線バスのバス停の位置や乗車時のマナーを聞いた後、湖国バスの運転手・徳田美智子さん(60)が事前に児童から寄せられていた乗客数や座席数などの質問に回答していた。
 その後、児童たちは体育館に敷かれたブルーシートをバスに見立て、徳田さんが運転手役を務める中、乗降や運賃の支払いの仕方を練習していた。児童たちは「バスのことを色々知れて良かった」などと話していた。

0 件のコメント: