2014年9月29日月曜日

彦根総合高校のゆるキャラ・ひこっぴー初披露

 彦根総合高校のゆるキャラ「ひこっぴー」が23日、ビバシティで初披露され、来店客の人気を集めていた。
 同校は平成22年2月に彦根鉄砲隊の着ぐるみ「ひこどん」を作って以降、甲良町の「ここらちゃん」、京都府向日市の「ゆるからっきー」、近江鉄道の「がちゃこん」を製作。
 5体目となるひこっぴーは同校のイメージカラーの緑を基調に、肩からかばんをぶら下げたヒヨコ型のキャラ。5月に全校生徒にデザインを募り、選考した中からアートデザイン系列の2、3年生が7月末に完成。名前は2年生の竹谷大河君が命名した案が採用された。
 23日のお披露目会にはほかの4体も応援に駆けつけ、一緒にダンスをして会場を盛り上げていた。ひこっぴーは今後、同校の行事のほか、来月1日の歳末たすけあい運動のオープニングセレモニーなど校外にも登場する予定。
 なおビバシティ1階では28日まで同校を紹介したパネルや生徒たちが作ったドレスなどが展示されている。

0 件のコメント: