2009年3月19日木曜日

センバツで始球式、城西小の山根君

 3月21日に開幕する第81回選抜高校野球大会(センバツ)で始球式を務める小中学生10人に、彦根市立城西小学校4年生の山根拓斗君(10)が選ばれた。
 山根君は、小学3年生の時に城西スポーツ少年団の野球部に入部。現在はピッチャーで、打率もチームで上位だという。最近は祖父で元市議の正村嘉規さん(68)と長浜市内のバッティングセンターにも出掛けている。
 昨年の夏休みの自由研究は、スポーツ新聞の野球に関する毎日の記事を切り貼りして、コメントを書いてまとめた。母親の恵津子さん(39)は「何をするにもまずは野球」と笑顔で話す。
 始球式は第71回大会から毎日新聞社が募集。山根君は、生まれて8カ月の時に松坂大輔投手(現・レッドソックス)と一緒に写真を撮ったことや、家族が野球好きなこと、近くの彦根東高がセンバツへ出場することを作文にまとめて応募。今月5日に選ばれた一報があった。
 山根君は「とてもうれしかった。甲子園ではいい球を投げたい」と話し「将来はファンの阪神タイガースに入団して、松坂投手のように大リーグで活躍したい」と夢を語った。山根君は9日目の始球式に登場する。

0 件のコメント: