2012年1月16日月曜日

全日本卓球選手権大会 一般・ジュニアの部にダブル出場、彦根JOYアートプラン卓球センターの松宮悠真君

 彦根JOYアートプラン卓球センター(川瀬馬場町)に所属する甲良中学3年生の松宮悠真君(15)=甲良町下之郷=が、昨年開かれた一般とジュニアの部の県予選でダブル優勝し、今月17日から東京体育館で開かれる天皇杯・皇后杯 全日本卓球選手権大会の一般とジュニアの部に出場する。
 松宮君は父親の徹さん(41)のすすめで小学2年生から卓球を始め、着実に実力を伸ばし、中学2年生の時に臨んだジュニアの部の県予選では準優勝になるほどまでに成長。昨年9月のジュニアの部の県予選と、大人も加わった10月の県予選では共に優勝し全国大会への出場を決めた。
 松宮君は、ジュニアの部では翌年のシード権が得られるベスト16入りを目指すとし、一般の部に対しては「相手は年上の人たちばかりなので、向かっていくつもりで臨みたい」と話し初戦突破を目標にしている。大会は22日まで。
 松宮君は、全国でも卓球の強豪校として知られる愛知県の杜若(とじゃく)高校へ推薦入学することが決まっており、「高校、大学と卓球を練習して、将来は世界チャンピオンになりたい」と抱負を語っていた。

0 件のコメント: