2013年7月28日日曜日

児童文学作家・新美南吉の絵本原画展 鈴木靖将さん描くギャラリーコジマで

 児童文学作家・新美南吉の絵本原画展が26日から彦根市銀座町のギャラリーコジマで開かれる。絵本の読み聞かせ会もある。
 新美は大正2年(1913)に生まれたが、幼いころに母親を亡くした。中学校のころから創作活動を始め、18歳の時に名作「ごんぎつね」を発刊した。29歳で亡くなるまで、童話や小説、詩、動揺などを創作した。今年で生誕100年。
 ギャラリーコジマでは、新美の「ごんぎつね」「かげ」「木のまつり」「にひきがえる」の作品をテーマに、日本画家の鈴木靖将さん(大津市)が描いた原画を展示する。読み聞かせ会は27日午後2時~と8月4日午後7時~。開館は午前10時半~午後6時、8日まで。休館は1日と2日。平和堂銀座店の駐車券あり。

0 件のコメント: