2013年7月6日土曜日

参院選21日投票 滋賀は4人の戦いに

 参院選が4日公示され、滋賀県選挙区(定数1)には、自民党新人の二之湯武史候補(36)、共産党新人の坪田五久男候補(54)、民主党現職の徳永久志候補(50)、幸福実現党新人の荒川雅司候補(38)が出馬した。投開票は21日。
 今回の参院選は、自民党が勝利して衆参ねじれ状態を解消させるか、民主党など野党が食い止めるかが最大の焦点。また争点の一つの憲法改正に前向きな自民、日本維新の会、みんなの党が、参院で改憲発議に必要な3分の2以上の議席を確保できるかも注目だ。争点としてはほかに、アベノミクス、原発、TPPなどへの是非があげられる。特に原発に対しては主な政党のうち自民以外が再稼働に反対・慎重姿勢をみせている。
安倍首相来県へ
維新の15万票は
 滋賀選挙区のうち、二之湯候補は自民優勢の風の中でも、公示前から民主党の支持基盤の一つである連合滋賀の切り崩しに努めたほか、昨年末の衆院選の比例選で自民に次ぐ約15万票を獲得した日本維新の会を支持する保守層も狙う。安倍晋三首相が6日正午~草津駅前と同1時15分~大津パルコ前に訪れる予定。
 坪田候補の共産党は自民党が進めるアベノミクス、憲法改正、原発、TPPなどいずれに対しても反対。その姿勢が評価されたのか、先月の東京都議選ではほかの野党が苦戦する中で議席を大幅に伸ばした。最近の国政選挙で比例得票数が年々減少している県内でどれほど伸ばせるか。
 徳永候補は2期8年県議を務めた経験から「滋賀を知り抜いている」と語るなど、京都出身の自民候補に対抗するため、滋賀出身を前面に出して選挙戦を展開する。ただ昨年末の衆院選では県内4選挙区で全敗し、民主王国が崩れたことに陣営では強い危機感を抱いており、劣勢の中での厳しい戦いになる。
 荒川候補は憲法改正、原発再稼働、TPP推進などを訴える。
FB・ツイッターなど
ネット選挙活用
 今回の参院選からネット選挙が解禁された。各候補も積極的に活用し、若者層を中心に訴えを広めている。
 二之湯候補は公式サイト、フェイスブック、ブログ、ツイッターなどを活用。特にツイッターは分刻みで更新している。徳永候補も公式サイト、フェイスブック、ブログ、ツイッターなどを利用。坪田候補は共産党滋賀委員会のブログで政策発信に力を注いでいる。荒川候補はブログ、フェイスブックなどを使っている。
有村氏も3選狙う
 比例全国区では、愛荘町(旧愛知川町)で育ち、元県議の父、現職県議の兄をもつ自民現職の有村治子氏(42)が立候補しており、3選目を狙う。

0 件のコメント: